PoCGS®-iE自動グラム染色機(非医療機器)

自動グラム染色機(非医療機器)
PoCGS®-iEとは

PoCGS®-iEは小型な自動グラム染色機です。材料をスライドガラスに塗抹しPoCGS®-iEにセットすれば、短時間(約6分)で染色標本が完成。試薬滴下量・染色時間等は材料ごとに操作パネルで変更、登録も可能です。
  • 自動化

    スライドガラスをセット後、固定、染色、水洗、乾燥等の工程を自動化

  • 染色レシピのカスタマイズ

    染色レシピは検体種や施設に合わせて変更可能

  • 設置場所はどこでもOK

    コンパクトなサイズで、洗浄水や廃液タンクの架設ができるため、どこでも設置可能

PoCGS®-iE上部の蓋を開け、スライドガラスをセット
スライドガラスをセット後、スタートボタンをTap
約6分で染色は終了
液晶モニターで確認しながら、染色レシピの作成・変更・新規登録が可能。 試薬の滴下順番、滴下量、水洗量など全てのパラメーターのカスタマイズが可能
項目 仕様
サイズ / 重量 W205×H345×D280(mm) / 9kg
標本作成時間 対応数:1検体 約6分(基本染色レシピの場合)
調整パラメーター 時間(秒)による滴下量、固定時間、水洗量、乾燥時間の設定が可能。作成した染色レシピは保存可能(10レシピ:予定)。

PoCGS®-iE開発経緯

各種研究分野や産業界において、微生物の検出方法として日々実施されているグラム染色ですが、その安定した実施には作業者の熟練が必要であることや、試薬の独特の臭いや染色性などが作業者の心身的負担になることなどの問題があります。

「微生物推定支援AIソフトウェアBiTTE®-iE」の開発をするにあたり、染色後の微生物の判定だけではなく、上記の理由から検体の染色作業の自動化を望む声が多かったことが、「自動グラム染色機(非医療機器))PoCGS®-iE」の開発をスタートするきっかけとなりました。

開発を進めていく中で市場を調査するにつれ、これは主に産業界においてですが、さまざまな業界で独自に工夫された手法でグラム染色を行なっていることも知りました。 機器の設置場所においても、すでに種々の検査装置が設置されていることから、専有床面積をできるだけ小さくして欲しいと言う要望も多く聞かれました。

そのため、設計コンセプトとして、ユーザーによる染色工程(我々はこれを”染色レシピ”と呼んでおります)のカスタマイズが可能であり、その上で出来るだけ小さく、軽く、シンプルに、を掲げて開発を進めました。(※ユーザーが設定した染色レシピは複数保存可能)

また一番大事な染色性能においても、熟練の方々の手技と同等の性能を有したものとなっております。 この染色性能の実現については、各共同研究機関での検証を数年間積み重ねた成果と自負しております。開発・検証にご協力いただきました先生方にはこの場を借りて御礼を申し上げます。

この「自動グラム染色装置(非医療機器))PoCGS®-iE」を用いれば、標準的なグラム染色はもちろんのこと、各現場に合わせてカスタマイズしたグラム染色も安定して繰り返す行うことができ、結果として標本の判読の精度向上にも繋がります。
当社のPoCGS®-iEが微生物検出検査に携わる方々の一助となればと思っております。

プロダクトマネージャー
斉藤 孝

FAQ

A : 固定から自動で行います。PoCGSは固定、染色、水洗、乾燥までの一連工程が自動化対応となります。お客様には塗抹後、スライドガラスを機器に設置、ボタンを押すまでをお願いしております。

A : 現在はグラム染色の検証のみですが、今後は病理染色にも拡大を予定しております。ご希望される染色手法があればこちらまでご連絡ください。

A : 設置場所は電気が使えるところなら、どこでも対応可能です。水洗用の水や排水も染色液同様、タンク架設で対応できます。

A : 指定はしていませんが、バーミー法を推奨しています。

A : 可能です。染色時間、脱色時間、水洗時間まで個別に設定変更可能です。1度登録したら都度変更する必要はありません。

お問合せフォーム

以下のお問い合わせフォームより、必須項目をご入力の上、
お気軽にお問い合わせ下さい。

個人情報保護方針の内容に同意する